気持ちよくクラブを振るための!

左手グリップ

左手のグリップの話

 

 

 

ゴルフ! 上手くなりたい!

 

上手くなりたかったら・・

 

「左手のグリップ」

 

の握り方の順番を覚えましょう。

 

 

プレッシャーのかかる場面では

 

ついつい知らんうちに

 全部の指で強く握って

しまうのです。

 

注意しましょう!

 

 

全部の指で握ったらなぜ

アカン・・・?

 

5本の指を同時にグリップすると

親指の方に自然と力が入って

しまします。

 

左手を強く握る

トップまでは上げやすいが

左肩に力が入ってしまい

 

ここ一番で

 

ダウンスイング時の回転運動

弊害が出やすい。

 

そして球を捉える瞬間

クラブを走らせる力

殺してしまいます。

 

だからダメなんです。

 

 

それを防ぐには・・

次の方法で?

 

小指から順番に指をゆっくり

折り曲げる。

 

小指から次に薬指そして中指

ゆっくり

1本・1本折り曲げて握る

練習をしましょう。

 

小指から順番に薬指を意識して曲げて

いけばグリップに密着感が生まれます。

 

その結果、左腕内側の筋力を使った

スイングが出来ます。

 

左手のグリップで重要な要素は

小指から順に曲げて、最後に親指を

当てる(そえる)順序です。

 

左手の小指~薬指~中指の順に

握っていきますが・・・

小指から順に握っていけば

 

結果として小指がしっかりします。

 

小指をしっかり握るの

小指に力を入れてグリップするのと

意味が違うのを覚えて下さい。

 

小指に力を入れようとして

グリップすると左手全体が硬くなり

上体の力みにもつながります。

 

スポンサーリンク



気持ちよくクラブを振るには!

薬指に意識をしましょう

左手の3本の指でクラブがスムーズに

グリップできるようになると

左腕内側の筋肉を使ったスイングが

できるようになります。

 

 

そして、クラブヘッドの重み

感じるようになります。

 

 

クラブヘッドの重みを気持ちよく

感じることが非常に重要なんです。

 

 

 

5本の指でガバッとつかむように

グリップ(クラブを握る)たら・・

 

小指や親指やなどに

 

必要以上の力みを招くだけです。

 

 

何のメリットもありません。

 

 

クラブをガバッと握るグリップだけは

ヤメにしましょう。

 

実際、こんな方、多いですよね。

 

私も長い間そうでした。

 

 

グリップする順序を覚えれば

 

クラブはグリップエンドに

いくほど太くなっていますよね。

 

だから、小指に力を入れなくても

密着感が生まれてきます。

 

そのためには、小指から順に

曲げる練習はクラブを持たないでも

出来ます。

 

通勤の途中やTVの見ながら小指から

曲げていくトレーニングが出来ます。

 

小指・薬指・中指の3本はゆっくりと

順に曲げる意識を持たないと

小指と薬指が一緒に曲がってしまいます。

 

一度、試してみて下さい。

 

小指の存在は重要ですが

この小指を活かすのは薬指だと

 

言うことも覚えて置く必要があります。

 

 

 

最後に

 

左手の親指と人差し指の間を親指の指の

間接までくっつけます。

 

それを、会得するの方法は通勤途中で

親指と人差し指をいつもくっつけて

Vの字を意識することができればOKです。

 

PCのキーボードを打つ時も意識すれば

早く身につくかも・・?

 

私は電車に乗っている時、運転している時

当然、TVを見ている時も意識してやっています。

 

それと、

左手の小指から薬指そして中指をゆっくりと

順に折り曲げる意識も忘れずに。

 

忘れたら! 上達が遅れますよ。

 

ガバッとクラブを握るのはヤメましょう。

 

グリップで重要な要素です。

 

 

最初はグーではなくて・・・

 

小指・薬指・中指

そして人差し指~

 

左手親指は最後にグリップの上に

当てて握る。

左手親指は最後にグリップの上に

 

当てて握る!

 

は続編があります。

 

後日、投稿時にリンク貼っておきます。

 

飛ばない時は・・・記事が未発表です。

 

スポンサーリンク