気持ちよくクラブを振るための

基本姿勢?

腕を振るための基本姿勢

 

 

良いホームを身につけましょう。

 

ゴルフスイングの基本の一つは

 

バランスの良い姿勢で構えることです。

 

 

良い姿勢とは・・?

 

両腕をスムーズに気持ちよく振って

フィニィシュで

バランスよく立てる事です。

 

その為には、

上体を前に傾けて両腕を

垂らす事が出来る構えにします。

 

背筋を伸ばしたまま前傾させる

上体を前傾する時のポイントは

 

両足の付け根(股間節)を堺にして

上体を軽く傾けることです。

 

 

両手を腰に当て、人差し指、中指

薬指で軽く足の付根を押さえ、

 

会釈をする要領で

前傾して下さい。

その時に

 

お尻を少し突き出す感じがあり

 

背筋が伸びていればOKです。

 

お尻を後ろに突き出す感じ

 

 

その感覚がなければ腹部から曲げて

背中が丸くなっているはずです。

 

この姿勢は絶対にNGなんです。

 

 

腹部からではなく脚の付け根から

上体を前傾する、

 

ここが大切なポイントなのです。

 

スポンサーリンク



腕を振るための基本姿勢・・?

脚の付け根から前傾したら

お尻に張りが出て

 

この時は体重はかかとに多く

かかっています。

 

 

次に両膝を軽く曲げて下さい。

 

すると

かかとにあった体重が・・

 

足の中央に移ります。

膝にゆとりを持たせます

 

両膝は軽く曲げます。

 

 

深く折り曲げると腰を落とす

感じになります。

 

これもNGです。

 

軽く曲げて両膝頭で体重を支える感覚

ほしいのです。

両腕は肩からダラリーと帯のような

舞妓さん帯

 

感覚が是非ほしいのです。

 

両腕は肩から垂らして下さい。

 

 

指先を伸ばさないで力を抜き

手をブラブラ状態にすることです。

 

垂らした腕には全く力が入っていません。

 

しかも、

誰かに後ろや前から少しぐらい

 

押されてもぐらつかない姿勢にします。

 

もし、

誰かに押されて身体がぐらつくよう

あれば・・・

 

体重が前か後ろに片寄っている

思ってください。

 

 

お尻から背中に掛けて張りがあり

両膝で体重を支える

感覚があって

ごく自然に背筋が伸びて

いる姿勢を会得すれば

 

 

上達も早くなります。

 

 

最後

 

アドレスではウエートを

左右均等に乗せるのが

基本中の基本なのですが・・

 

前後のウエート配分にも

気を配るべきでしょう。

 

 

膝にゆとりを持たせる

 

両膝は軽く曲げます。

 

 

 ボールとクラブヘッドが

 

「チュ・チュッチュ!」

 

するのを見終わるまでは

腰を角度を保つことが重要です。

 

ここは覚えておい下さい 。

 

スポンサーリンク