気持ちよくスイングするためには

「目標意識」を持つ!

ゴルフはボールをターゲットに運ぶゲーム

です。

 

ティーショットを打つ時は、どれくらい

しっかりとした目標を作っている

でしょうか・・・?

 

ゴルフを始める初心者の段階から

「目標意識」を持つようにしましょう。

 

フェアウェイに向かって打つぐらいの

気持ちで打っている方が

とても多いのです。

 

ターゲットを広く設定し、その範囲内を

狙うという方法も悪くはありませんが

それではなくてフェアウェイの真ん中に

仮想のピンを立ててそれを目標にします。

 

今はセルフプレーが多いので、吹き流し

やヤード表示のポールをフェアウエイの

真ん中に立てている場合も多くなって

きましたので・・・仮想のピンは必要が

ないコースも増えていますが・・。

 

その場合は、これを目標に向かって

アドレスしてショットするのも

良いと思います。

 

私はボールを打つことに心を奪われて

目標意識に気がいておりませんでした。

 

それ故に、いまだにターゲットに対して

目標意識よりもすぐにショットのことが

頭をよぎり定まっておりません。

 

ミスショットした時に、シマッタ!と

気が付きますが・・もう・・手遅れです。

 

練習場では、調子が良いのに、コースに

出ると全く予期しないショットが出て

悩むことも多々あります。

 

これは目標に向けて立ち、スウィングを

怠った結果! 遠う周りしました。

 

簡単なことなんですが・・

ボールを打つことに心が先に行った

結果です。

 

練習場で練習する時は、1打ごとに目標を設定

してボールを打つ練習をして下さいませ。

 

スポンサーリンク

ゴルフは「引き算のゲーム」・・?

 

ゴルフは「引き算のゲーム」のとも

 

言われています。

 

 

私を含め、殆どのアマチュアの皆さんは

ティショットをドライバーで打ちます。

 

そこからコース戦略を考えます。

これは間違いのようですよね。

 

 

コース戦略は最初に絶対に入れられる

パターの距離をつくり、その距離以内に

グリーンオンするコース戦略でプレー

するということです。

 

目標からラインを真っ直ぐに引いてきて

その線上に目印を設定するのが「ゴルフ」

です。

 

目標とボールを結んで飛球線を描き

そのライン上に目印を見つけて

1打ごとに目標を確認してからボールを

打つのです。

 

はじめから真っ直ぐに打てる人はいない

ので、曲がっても気にせず、必ず目標を

設定する習慣をつけて下さい。

 

練習する時も、まずマットがどこを向いて

いるかも確認をして下さい。

 

目標を決めたら飛球線を描きます。

 

目標からストレートなライン上に目印と

なるものを見つけます。

 

例えば・・・

人工芝の傷や30ヤード~50ヤード

の標識などを利用して、飛球線が

イメージ出来るように訓練しておくの

です。

 

はじめはスライスする方が多いので、

飛球線に沿ってどれくらい曲がるかが

分かります。

 

目標にボールを運ぶには、右に曲がる分

だけ左に向けば良いのです。

 

この練習をしておかないと、広いコース

に出た時に方向感覚が働きません。

 

打ち方の問題よりも、向き方が

悪いためにミスショットになるケースが

多いのです。

 

ワンショットごとに目標を確認し、

飛球線を描いてからボールを打つ習慣を

身に付けましょう。

 

そうすることで・・

アドレスした時に飛球線がしっかりイメージ

できるとヘッドが通るイメージが

つかみやすくなり、実際にヘッドが安定した

軌道を描くのです。

 

 

最後に

いつも目標意識を持って構える。

 

そして、ワンショットごとに目標を

確認し、飛球線を描いてからボールを

打つ習慣を身につける。

 

目標を設定したら、目標からボールへ

真っ直ぐにラインを引いてきてライン上

の目印はボールの先1m~2mぐらいの

ところに見つける。

 

長く、気持ちよくゴルフする上で

必ず身につけておきたい、習慣です。

 

スポンサーリンク