トップ・オブ・スイング(トップ)の位置がわからない

トップ・オブ・スイング(トップ)の

位置が

わかれヘン・・?

 

 

一体どのあたりの

高さに持ってきたらエエねん・・?

 

正解は何処やねん・・?

 

と思いますよね・・?

 

ほんまの話!

 

なんでやねん・・?

 

雑誌には高いトップを作れ

低いのはアカン・・・

 

右の耳チョット上とか・・

なんたら・・

書かれていますよね。

 

でも・・ネ! 

 

正解はないんです。

 

何でと思いますか・・?

 

人間の身体は

人によってまちまちですよね。

 

私と貴方はこの世に同じ顔や

身体付きをした方に

お目にかかった事、

おますか・・?

 

おまへんやろ。

 

だから、

トップの場所・位置は

人それぞれで

トップはここへ納なアカンとは

決まってマヘンのんヤー。

 

バックスイングして

一番気持ちよくクラブが

ゆっくり棚の上におけるような

ところが

貴方の最も適している

トップ・オブ・スイング(トップ)

の位置なんです。

 

 

ですので、

トップの位置は

人それぞれ・色々なんです。

 

正解な答えはなんかおまへん・・!

 

トップへクラブヘッドが

暴れている人

よく見かけませんか・・?

 

思い切り力んでボールに向かって

振り下ろしている方の

トップを見たことありますか・・・?

 

 

同伴者で・・・ 

そない言われれば・・・

見たことないナー。

 

一度、

見てみなはれ! 

ビックリしますよ。

 

トップでヘッドが

暴れまくりで

いつトップにきたんか・・?

見えませんデー。

 

こんな暴れまくる

トップ・オブ・スイング(トップ)の

トップからメッタに素晴らしい球が

出るわけが

ないんですよね・・?

 

だから

トップの位置は大事なんですよ。

 

そうは、思いませんか・・?

 

そこで雑誌に

多く書かれているんですよ。

 

別に、

ゴルフ雑誌にケチをつける気はおまへん。

 

向こうも売るがための商売や。

 

そのまま正直に読まんと

ワシみたいに

チョット横から見たら、

参考になる記事一杯ありませッセ!

 

 

 

それと、

私は奥田 靖己プロの

噛み砕いた言葉はすごいと

思って、

ゴルフに打ち込んでいます。

 

奥田 靖己プロのおっ師匠さん! 

高松 志門プロも

トップ・オブ・スインング(トップ)の

重要性を述べられています。

 

Yu Tubeの動画で見たことあります。

 

 

奥田 靖己プロはトップがゴルフで

非常に重要と述べられています。

 

それと

トップでクラブヘッドがここへきたら、

止めるんではなくて・・・

 

クラブヘッドをトップで静かに納めると

言われています。

 

ここへきたら止める意識を持つと、

そこから反動で打たされる

恐れがあるので、

止める感覚をではなく

静かに納めれることが

できれば、

そこからはフラブヘッドを

スムーズに振れことが

できる。

 

スムーズなバンクスイングしたら

クラブヘッドが気持ちよく

1秒~2秒くらい

ゆっくりと納められる

トップを見つけることが

重要と知りました。

 

 

ここができるようになれば

クラブがスムーズに振れるようになり

クラブの性能の

8割は使えるとも申されています。

 

 

ここが会得できるようになっても

その前に

クラブを振って・振って・振りまくる

素振り練習を

していなければ・・・

この素晴らしい話はペケポンですよ。