奥田 靖己プロ

in クローズドスタンス

 

クローズドスタンスの

メリットを知ったはります・・・・?

 

 

ボールが右に行ったり、左に行ったり、

たまに真っ直ぐ行って ( ^ω^ )ニコニコ

している方、多いですよね。

 

そこで、おすすめのスタンスは

奥田靖己プロのクローズスタンスに

挑戦してみると

何かヒントになるかもしれませんよね。

 

特に、アウトサイドに上げてから

インサイドに振って

左の引っ掛けボール出る方も

多く見られますよね。

 

飛ばしたろうと思う時にそ

うなりませんか・・・・?

 

私はなりますよ。

 

あなたはいかがですか・・・・?

 

スタンスはクローズ・

腰は打ちたい方向に

スクエア(平行)、

この位置は重要ですよね。

 

肩の方向は勝手に動く方向に

任せる。

 

肩は頭の後ろに素直に

波打ちないように引く。

 

高い球を打ちたい時は

目線を上に持って行くと・・・

 

すると球の位置が左足踵から中に

入れるとスイングしにくい事が

わかります。

 

練習場でやって見て下さい。

 

目線を下に下げると

ボールは低くなります。

 

何故かと言いますと、

ボールを左足踵から中に入れないと

打てないこともわかりますよ。

 

ボールの位置は

左足の踵線上と言われていますよね。

 

特に、ドラーバーは・・・・・。

 

アイアンも踵線上とか

スタンスの真ん中とか

言われていますよね。

 

アイアンも左足踵線上と言う

理論もありますよね。

 

でも、その理論はスタンスは

飛球線に真っ直ぐ

腰も真っ直ぐ

肩も真っ直ぐ

真っ直ぐに振ったら真っ直ぐに

飛ぶように感じませんか・・・?

 

実際にそのように振ってみて下さい。

 

振れませんよね・・・・・。 

 

練習場でやってみて下さい。

 

レッスン書にも、

そう書かれていますよね。

 

プロは真っ直ぐのスタンス・

腰も真っ直ぐ

肩の飛球線方向にかまえて

スイングする。

 

でも

プロやゴルフの上手な人は

クラブを丸くフル練習を長い時間をかけて

訓練しています。

 

真っ直ぐ・真っ直ぐ・平行に構える・・・・・・

 

真っ直ぐばかりを簡単に

説明されていますよね。

 

 

本当は、

クラブをいかに丸く早く正確に

強く振りインパクト以降にクラブの

振る音がすると言うことの説明が

少ないですよね。

 

 

そう思いませんか・・・・?

 

クラブを丸く振る・・・・ 

 

非常に重要なキワードです。

 

クラブを丸く振れなければ

ボールは真っ直ぐ行かないことを

まず、身体に染み込ませ

頭に覚えて貰う。

 

丸く振ることを覚えるには

まっすぐのスタンスより

クローズにするか

オープンスタンスにかまえて

振る練習が大切です。

 

その時に大切なのが

腰がどの方向を向いているかで

ボールが飛んで行く方向が決まることを

覚える事が大変重要です。

 

腰の方向が自分が飛ばしたい

方向にいかに

正確にセットされているかが

重要なのです。

 

スタンス・腰・肩の平行の、

真っ直ぐ・真っ直ぐ・真っ直ぐ

に振るは

止めましょう。

 

真っ直ぐ・真っ直ぐ・真っ直ぐで

真っ直ぐでなく、

丸く振れば

インサイド・インのきれいに丸く振って

 

正確なボールが打てれば・・・・

打てるように

なれば

プロやシングルプレーヤーに

なれるかも・・・・・?

 

 

そんな難しくロボットのような

スイングを求めるより

 

腰だけ飛球線に平行に構え、

 

スタンスはクローズが向いている方は

クローズ、

 

オープンスタンスに向いている方は

オープンで

クラブを丸く振る方が簡単です。

 

真っ直ぐ・真っ直ぐに構え

真っ直ぐ振る・・・・・???

 

これは真っ直ぐに振れないことを

理解しましょう。

 

 

実際に真っ直ぐに振れないことは

すぐにわかります。

 

短いアプローチや短いパットは

真っ直ぐで打つのは

あるかもしれませんが・・・・。

 

普通使うスイングではありえません。

スポンサーリンク

 

クローズドスタンスにすると

ドローボールが打ちやすくなリます。

 

 

ご存知でしたか・・・・?

 

右足を少し後ろに引くので、

身体が閉じた状態となるため、

自然とフェードボール(スライス)が

出ににくちにくくなります。

 

注意!

 

腰は飛球線(飛ばしたい方向)に向ける

事が重要です。

 

スイング軌道が腰(飛球線に平行)が

閉じているため、

インサイドアウトが自然と

出来るためです。

 

右や左や、に行ってボールをよくなくす方、

OBの多い方ですよ。

 

クローズドスタンスで

ボールを打つと安定しますよね。

 

注意点もあります。

 

クラブフェースはあなたが打ちたい方向へ

必ず合わす。

 

腰もあなたが打ちたい方向へ

かならず合わす。

 

そして、身体の柔軟性の違いはありますので、

インパクト後は

頑張って左へ振り抜くことも重要。

 

真っ直ぐにクラブを振ったら、

あきまへん。

 

フェースが飛球線に正確に向いていれば、

OBにはなりませんが

弱い球になります。

 

難しいけど、

青木功プロが名言で述べられている

 

「所詮、ゴルフはベタ足の手打ちだ」

 

理解し

バックスイングでは左足をべた足で

ダウンスイングからインパクトまでも

右足踵をベタ足で我慢して

クラブを左へ振り抜きましょう。

 

オープンスタンスに向いている方は

この方法の真逆を

すれば解決します。

スポンサーリンク