奥田靖己プロ

打ち上げホールの注意点は・・?

「打ち上げのホール」

 

 

 左足上がりからのショットをする場合、

通常はフック系の球筋になるのが

一般的ですと言われています。

 

コースが昇っているとボールをどうしても

上げようとする意識がアマチュアゴルファーには

働きますよね・・・・・。

 

スイングが崩れることになりがちですよね。

 

アドレスの仕方は、

左足上がりの状況でも左足下がり同様、

斜面に対してどのように立つかが

重要になってきます。

 

距離感を合わせるのが難しいとも

思われがちですが、

それ以前に

ミスを誘発しやすくなっているということを

覚えておきましょう。

 

その対策として

 

ひとつは

傾斜に対して上体を垂直にする、

いわゆる傾斜なりに立つ方法。

 

もうひとつは

傾斜に逆らい上体を鉛直方向にする、

つまり重力に沿って立つ方法。

 

がありますが・・・

 

その時の感性で!!

 

普段どうりの姿勢を心懸けるのがとても

重要です。

 

 

無理に高く上げようとする

必要は全くないのですが・・・・。

 

クラブを信じるのを忘れますよね。

 

野球みたいに自分で放り投げる

スポーツではないのに・・・

何故ででしょうネ・・・?

 

打ち上げのホールは

目線が上がってしまう・・

上げようとして、

傾きがちな人が多いですよね。

 

キャリーでショットすることを

考えてしまうため、

プッシュアウトしたり、

スライスしたりしてしまうことが

多くなりますよね。

 

アドレスで右肩が無意識に下がり過ぎてしまい

振り遅れてしまうことも多いのです。

 

アドレスでは目線も重要ですが

目線を高く持っていかない・・・・・!

 

事が、すごく重要です。

スポンサーリンク

無駄な時間が節約出来る! 自動車免許 


「砲台グリーン」

 

 

 

クラブの番手はグリーンの

位置によっては

1番手・2番手上げたクラブを

使って打ち上げようとせず

前傾姿勢を保って

ダウンブローに打っていく

勇気が必要です。

 

 

砲台グリーンで

グリーンの面が見えずピンだけが見える場合、

 

奥田靖己プロがおっしゃるには

 

ピンフラッグの旗の上に

行かんかえと思って打っても

ボールはカップの

手前が多いと言われています。

 

ピンフラッグのもっと上の

雲に向かって打つくらい!

又は、グリーンの奥の木の中に

入ってマエ! くらいの!

ショットでやっとこさ

カップに届くとも・・・

 

言われていましたよ。

 

池越えのショット

バンカー越えのショット

ロブショットをする時等々

勇気がいるショットは

ボールなんか、どこえでも行かんかヘ

と思ってショットしたら

上手く行くかも・・・・・?

 

くらいで、

アマチュアゴルファーは

挑みたいものですよね。

スポンサーリンク

資格は人生を豊かにする必殺技!