松山英樹プロのについての座学

スポンサーリンク


松山 英樹プロ

in 泣き・笑いGOLF

1992(平成4)年2月25日 (火)生まれ

 

愛媛県松山市出身

プロゴルファー

 

 

この年の最大の出来事 ・・・

 

ビル・クリントン

米大統領選挙に当選

 

 

 

明徳義塾中学校・高等学校・東北福祉大学卒業

 

レクサス(トヨタ自動車)所属

 

 

日本人最年少マスターズ予選通過者(当時19歳)

アマチュア時代には、

日本のアマチュアゴルファーとして

初めてマスターズの出場権を獲得した。

 

 

日本ツアーで

史上初ルーキーイヤー賞金王。

 

ルーキー最多タイの年間4勝。

 

 

 

史上最速(16試合)での

年間獲得賞金2億円突破!

 

4歳のときに、

日本アマ出場経験もある

父親の影響でゴルフを始める。

 

中学2年のときに

「ゴルフをやる環境を整える」

目的で、

ゴルフ部のある明徳義塾に転校した。

(ウィキペディアより参照)

 

ポンサーリンク

 

2011年

マスターズに出場。

予選も通過し、

日本人としては初めて

ローアマチュアを獲得した。

 

11月には、

三井住友VISA太平洋マスターズで

倉本昌弘、石川遼に次ぐ3人目の

アマチュアでの

日本ツアー優勝を果たした。

 

 

2012年

R&Aによって創設された

世界アマチュアゴルフランキングで

日本人初の1位を獲得。

 

R&A

Royal and Ancient Golf Club of Saint Andrews の略

で全英ゴルフ協会のこと。

USGA (全米ゴルフ協会)と共に

最も 権威のあるゴルフの協会である。

 

 

 

 

2013年4月2日にプロ転向を表明。

 

2013年

つるやオープンゴルフトーナメント

【4月25日-4月28日】

 

ダイヤモンドカップゴルフ

【5月30日-6月2日】

 

全米オープン

【6月13日-6月16日】

では10位タイに入り、

2014年の全米オープン出場権を獲得。

 

全英オープン

【7月18日-7月21日】

に出場し、6位タイの成績を収めた。

 

3日目にはスロープレーにより

1打罰を課せられ物議を醸した。

海外メジャーにおいて、

二戦連続で10位以内という

日本人初の記録を残した。

 

フジサンケイクラシック

【9月5日-9月8日】

最終日、4打のリードを持ちながら

後続に追いつかれプレーオフに突入。

 

苦しみながらも今季3勝目を手にした。

 

カシオワールドオープンゴルフトーナメント

【11月28日-12月1日】

優勝し、今季4勝目を達成した。

 

史上初のツアー参戦

初年度(ルーキーイヤー)での賞金王を確定。

スポンサーリンク