松山英樹プロはすごい!

「松山英樹プロはすごい!

凄すぎる!!」

 

 

 

ウェイスト・マネージメント・

フェニックス・オープン

 

 

2017年02月02日~02月05日 開催

 

TPCスコッツデール(アリゾナ) 開催コース

 

世界的に有名な-ソノラ砂漠に造られ

風光明媚なマクダウェル山脈に囲またゴルフ場

 

「TPCスコッツデール」は、

 

ゴルフを楽しむプレーヤーのために用意さられた

スタジアムコース

偉大なプロゴルファーを迎えるように

 チャンピオンコース

アリゾナ州の唯一のPGAツアーのために

造られたゴルフ場です。

 

 

そこで、松山英樹プロが日本人初の連覇

凄いことですよね。

 

それも、2年連続のプレーオフでの優勝ですよね。

 

 

優勝

-17(スコア)

 

Total 267(ストローク)

(初日) 65(ストローク)

(2日目) 68(ストローク)

(3日目) 68(ストローク)

(最終日) 66(ストローク)

 

松山英樹が最終日に頑張り

ウェブ・シンプソンとのプレーオフを制して、

大会連覇を達成した。

 

通算17アンダーで並んだウェブ・シンプソンを、

4ホール目で下した。

 

松山英樹プロは今回は負けるかも・・・・・と

思ったそうです。

 

良かったですよ。ね。

 

松山英樹プロの

一番良いところは、

一歩引いたコメントがいつも出ていますよね。

 

日本人最多となる米ツアー4勝目を挙げた。

素晴らしい快挙ですよ。ね。

 

すごい・凄い過ぎる

プレーヤーになってきましたよね。

 

今シーズン、早くも2勝目ですよね。

 

まだ24才の若さです。

 

石川遼プロも頑張って優勝してくれたら、

日本に、

ゴルフブームが再現するように

思います・・・・・・?

 

石川遼プロの頑張りが、

どうしても必要です。

 

石川遼プロの満振りは卒業して、

アプローチとパットの精度を

追求していく

必要があるように感じます。

 

青木功プロ・丸山茂樹プロ・今田竜二プロは

アプローチとパット

で挑戦していますよね。

 

石川遼プロはアプローチとパットで

挑戦すれば、

優勝の可能性が高くなりますよね。

 

 

早く気づいて

ほしいものですよね・・・・・・?

スポンサーリンク

「松山英樹プロの現状」

 

 

松山英樹プロの凄い・

すごいのですが・・・・・

 

FWキープ率とパット貢献度と

パーオン率の改良が課題くらいで

世界の一流プロの仲間に入っているのは

間違いありませんよね。

 

 

2017年2月5日現在

 

世界ランク 5位

平均ストローク 2位(68.89)

平均飛距離 23位(305.7ヤード)

FW キープ率 62位(62.35%)

パット貢献度 98位

ショット貢献度 5位

トータルドライブ 5位

パーオン率 21位(75%)

 

平均パット数 10位(1.694)

 

松山英樹プロの現在の改良点は

高いレベルで安定したスコアをマークしている一方で、

数字上ではパッティングが足かせになっている。

 

ただグリーン上で苦しんでも、

それを補っても余りあるほどの

ショット技術が高いと証明されています。

 

パットが今、以上に良くなれば

超一流のプロゴルファーの中の1/3の原則の

超・超・1流中のプロになりますよんね。

 

日本人は、欧米人に比べて筋力が劣り

体の柔らかさが劣ると言われていますが・・・・?

 

体幹を鍛えて、頑張ってはるように感じますよね。

 

パットは感性と言われています・・・・?

 

松山英樹プロは

いつも一歩引いたコメントを述べられているので

安心しています。

 

今後、悩んだ時に、

飛ばすためにスイング改造されるプロ多いので

その魔力に取り憑かれにないことを

心配しています。

 

今のスイングをひたすら信じてやって貰えたら

と独断で思っています。

 

頑固一徹で何を言われても、

気にせず、

松山英樹プロが思うがままに

世界に挑戦して下さい。

 

悩んだら、

青木功プロのパットスタイル。

 

貫く精神力!

スポンサーリンク