松山英樹プロの雑学

「松山英樹プロ」の間について!

 

私はゴルフのバックスイングで一番、

重要な所(場所&トップ)・・・・・!

 

普通にゆっくりとバックスイングした時に

スムーズに上がった所の

トップ(頂点)で、

 

どれだけ、クラブが静かに

いっぷく出来るかが

重要と考えています。

 

ここで、

どれだけ一服してゆっくり出来る

「間」が取れる人が、

 

松山英樹プロであり青木功プロであり

奥田靖己プロであると思っています。

 

 

私の好きな言葉で奥田靖己プロが、

バックスイングで

いかに静かに

 

「神棚にそっーとクラブを置くような

トップが出来れば」

 

言葉が、大好きで今でも、

実践中です。

 

 

奥田靖己プロは

 

「神棚の棚がバタバタ音を立てたる

ようにクラブを置いたらダメ!」

 

静かに棚にバックスイングで

クラブが収まれば、

 

そこからは

しゃにむに振り下ろすと言われています。

 

 

要するに、

 

トップで休憩のなしにクラブを

慌てて打ち行ったらダメと

おっしゃっていますよね。

 

 

バックスイングで「間」があれば

打ち急ぎはなくなります。

 

又、スイング出来ませんよね。

 

高須愛子プロもバックスイングは

左肩を意識せず

 

右肩を頭の後ろに引くほうが簡単

とおっしゃています。

 

私も挑戦しましたが、

左肩を頭の後ろに廻す意識するより

右の肩を頭の後ろに廻すほうが簡単です。

 

 

松山英樹プロのスイングで

バックスイングを

観察してみて下さい。

 

トップでクラブが一瞬止まって

「一服している」

ようにに見えますよね。

 

スポンサーリンク

インパクトで最大のヘッドスピードを

出すためには、

 

松山 英樹プロのように

 

一瞬立ち止まっているかのような

トップオブスイングから

 

徐々に加速する必要があリますよね。

 

下手な私はトップから力んでしまって

いきなりボールを叩きにいって、

 

右肩が突っ込んで

天ぷらボールがよく出ます。

 

 

 

上手い人ほど切り替えしの

初じめは我慢されていて・・

そして

 

少しずつ加速されていますよね。

 

 

トップで一旦止まって打つには、

 

正しく下半身からスタートしないと

うまく打てません。

 

 

下半身から始動すれば、

クラブは自然落下し、

 

体の回転で打っていくのです。

 

 

言葉でわかっていても、

身体に覚えさせるのが

難しいんですよね。

 

 

でもここをクリアしないと

長く楽しくゴルフをすることが

 

出来ませんよね。

スポンサーリンク