海老原 清治プロのページ

スタンスは ”ハの字” で「手打ち」!

in バッカーショットの極意

海老原 清治プロは

ガードバンカーでは、

 

「スタンスを”ハの字”にして

手打ちスイング」

 

と紹介されています。

 

ウエートは状況によって

 

左足体重なったり

右足体重になったり

することはあります。

 

例えば・・・

 

アゴがあってある程度

上に

上げて止めなければならない・・・

 

ガードバンカーでは

左ウエートが基本です。

 

バンカーではどっちらかといえば

左ウエートで対処するほうが

多いと思います。

 

右ウエートで対処しなければ

ならない場合は

特別なショットになります。

 

 

海老原 清治プロがぜひ

 

肝に銘じて

ほしいのが・・・・

 

「バンカーショットは手打ち」

ということです。

 

手で打つ

手が動く

手に仕事をさせる

 

手が重要なポイントになります。

 

スイングは普通のショットと同じです。

in バンカーショット

スイングとしては

普通のスイングと全く

変わりません。

 

ただ、ウエートが

左にかかっている分

 

テイクバックで鋭角(アップライト)

上がりやすい。

 

そのためにインパクトでは

 

クラブが

上から入りやすく

 

「ド・スンー」

打ち込まれます。

 

当然、

 

インパクトでクラブは

砂の中に

潜り込んでいくので、

低いフィニッシュ

になります。

 

バンカーはインパクト

即フィニッシュと

 

言われますが・・・

 

それを、

手の力加減でしては

いけないのです。

 

そうしたら・・・

いつものスイングと

違うと思う方が多いです。

 

それは、

ウエートの配分がいつもと

違うから・・・

 

いつものショットと

違うように見えたり

違うように

思うからです。

 

 

最後に

「手打ち」

 

の説明をします。

 

「手打ち」

ということは下(下半身)が

しっかりしていることが

前提となります。

 

 

下が動かずしっかり

「固定」

 

されているから

 

「手打ち」になる。

 

「手打ち」=

=「クラブヘッドに仕事をさせる」

ことです。

 

「クラブヘッドに仕事をさせる」

とは

 

「右ひじ」

 

がいつも身体の中におろうと

する動きのことです。

 

 

 

例えば・・・

 

手を「クラブヘッド」

として思ってみて下さい。

 

右ひじが身体からなるべく

離れない

ように「手首」

右にコックしてみて下さい。

 

 

それから・・

 

ゴルフクラブを握って下さい・・・

 

どんなクラブでもOKです。

 

前傾姿勢して右ひじが身体から

離れないように

右手首をコックしたら

どうですか・・? 

 

クラブヘッドの

運動量がすごいのが

わかりませんか・?

 

これが「手打ち」

手に”仕事”をさせる

です。

 

ここが重要なポイントです。

 

是非、覚えておいて下さいと

説明されています。

 

 

下を「固定」するには

ヒザをしっかり

 

折り低い姿勢で構え、

つま先を両方とも

 

開いて「ハの字」にしてやる。

 

 

つま先は閉じるとウエートが

前にいき

 

やすくなりますが・・・

 

開くとウエートは後ろに

掛かりやすくなります。

 

つま先の使い方一つでウエート

変わリます。

 

 

ガードバンカーは・・・

 

ひざを折り低い姿勢で、

両足のつま先を

”ハの字”に開いて、

ドッシリとした

下半身を作っておいて、

あとは手で打つ

 

手に”仕事”をさせる・・・

です。

 

スポンサーリンク

青木 功プロ

青木 功プロ

スイングを見て下さい。

 

 

「ベタ足」どっしり構えたアドレス

 

手首を使って、

右ひじは身体の中にいて

 

肘はいつも下を向いて・・

 

ダウンスイングで

ヘッドが右足辺りまで

下りてくるのを

じ~と待っています。

 

体重移動もせず・・

 

ヘッドがトップで

静かに納まった時に

 

初めて下半身

少し動かし・・・

 

その後は弓の舷を

素早く解き放すような

スイング・・・

 

最高のスイングです。

 

 

何度も紹介していますが・・!

 

青木 功プロの名言

 

「ゴルフは所詮、ベタ足の手打ちだ!」

 

スポンサーリンク