海老原 清治プロのページ

マットの上からでも出来るバンカー練習

 

練習場にバンカーショットの設備が

あるのは少ないので・・・

 

 マットの上でも効果的に

バンカー練習が出来ますよ。

 

バンカーでは

ソールが出来ませんよね。

 

 そこですべてのクラブをソールしないで打つ

練習が効果があります。

 

普段の練習でソールしないで

アドレスして打つと慣れてくるので

 

 バンカーショットする時の

違和感がなくなり

 芯でとらえる確率も高くなります。

 

私は家の中で画像のボールを使って

アイアンを閉じたり開いたり

 遊びを入れて練習しています。

 

勿論、ソールは絶対にしません。

 

7番アイアン迄はバンカーから出す

自信が付きました。


バンカーとお友達になれば

コースは広く使えます

 バンカーが怖くなくなれば

コースは広く使えます。

 

バンカーが上手くなるとコースが.

広く使えますよね!

 

 

例えば、

ティグラウンドに立った時. 右側OB!

 

貴方はどこにアドレスします?

 

一番良いのは、左方向にスタンスを取り

スライス系のボールを打つことですが

 

ティグラウンドの左側に立ち

スタンスを左に取るのは

勇気がいります。

 

コースを広く使うには

OBに近いサイド

 

ティグラウンドの右端に立つのが

ベストですよね!

 

何故かといいますと・・・

 

OBの避けたい左方向へ

スタンスが取れるし

 

視野も広がるのでOBに対する

恐怖が少なくなります。

 

又、避けたい方向には

大抵バンカー

待ち構えていますよね。

 

そこでバンカーショットの

基本を身に付けてさえおけば

もしゃもしゃ逆目のラフの方が

オ~ジョウしますよね。

 

そんな時にバンカーを練習して

自信を持っておけばリスクが減って

 

チャンスが広がります。

 

バンカーをやたらに怖がるのではなく

利用できるプレーヤーに

なりたいものですよね。

 

 

もちろん

きれいにならしてあることが条件ですが

目玉にならない限り・・・

 

ラフよりもはるかに

予測が出来るショットが打てて

ショットを自分で

コントロール

できるというわけです。

 

ややこしいラフなら

バンカーのほうが易しいことを

覚えておきたいものです。

 


FWバンカーの基本・・

in 打ち方は・・?

クロスバンカー

 

本来はフェアウェイを横切る形で

配置されたものですが・・・

 

いつのまにか・・?

フェアウェイバンカーのことを

クロスバンカー

というようになりました。

 

 

 

FWバンカーショットの基本は・・?

 

簡単です・・・・!

 

ボールの手前を打ってザックリして

ダブらせないだけです。

 

トップ気味・ハーフトップ

ショットできれば最高です。

 

練習場でナイスショットだけを

探し求めているアマチュアの方には・・

 

不満が残るかも・・?

 

トップボールが打てれば

直ぐに脱出出来ます。

 

メッタに球が沈んでいる状態は

ありません。

 

必ず、ボールは砂の上に浮いて

います。

 

ラフよりいとも簡単に脱出・出来ます。

 

バンカーを必要以上に

怖がるはありません。

スポンサーリンク