竹箒(たけぼうき)振り

in GOLF面白・雑学・座学の話

「いかに下半身で打つか・・?」

 

 

を覚えるには・・?

 

「竹箒・素振り」

 

で竹箒を振るのが

一番の早道!

 

 

スイング自体が

始動し始めてから

フィニッシュまで2秒弱で

終わってしまいます。

 

下半身主導

スイングを作るのに

効果があります。

 

足を広げて、

重心を低くしたほうが

安定して振れるのが

わかるでしょう。

 

スイングプレーンを

フラットにできる

効果もあります。

 

速く振るというより

大きくゆっくり振ることで

遠心力によって

 

"クラブに振られる"

 

ような感覚を養う!

 

ゴルフスイングの

基本である

 

「下半身で覚える

下半身主導を覚えよ」

 

ですよね。

 

人間の身体の中で

不器用な部分と

器用な部分があります。

 

不器用な部分はと言うと、

下半身です。

 

一度、下半身の動きを、

不器用な下半身で

覚えれば、

生涯忘れません。

 

覚えといて下さいませよ。

 

器用な部分は

両手の指先と言いますすよね。

 

最も不器用な所は

一度覚えてしまえば

忘れることはありません。

 

反対に器用な所は

器用貧乏と言って

自由自在に動くので、

なかなか同じ動きは

身につかないんですよね。

 

ですので、

ゴルフスイングの基本である、

下半身の動きから

覚えると良いのです。

 

そこで、

海老原清治プロが

ゴルフ場で掃除で使っていた

竹箒で素振りしたら、

スイングが安定し、

飛距離アップにも

 

繋がったと紹介されました。

 

 

PR広告


「竹箒」素振りは・・?

 

何が良いかと言うと

アマチュアゴルファーの多くは、

器用な手先で

ボールを打ったはりますよね。

 

クラブは

そんなに重いものではないので

腕っ節の力・手先だけでも振れます。

 

だから、ボールに向かって打ちに行く。

 

上半身主導で手で打ちに行きます。

 

そして、ボールに

上手くヒット出来なくなると

クラブヘッドを

ボールに合わそうとして

ボールは飛ばない・・・

クラブは振れない。

 

クラブが振れなければ

ゴルフにはなりません。

 

ゴルフはボールを

打つんではなく

クラブを振ってボールを

捉えるんです。

 

これが、

ゴルフスイングです。

 

上半身主導で

右手で力・一杯ボールを

打っている方・・・

早く気付きましょう。

 

私もながい間、

気が付かず、

器用な右手を

使ってゴルフをしていました。

 

器用な上半身・両手・指先で

ゴルフしていても

スコアがチョットずつ

アップするからややこしい!

 

気づくのが遅れる・・・

その結果、

ボールに合わすゴルフ!

 

たまに100は切れても

90は切れません。

 

その間違えて覚えた

スイングを一度、

ご破算にして

下半身主導のスイングを

覚えるために・・・

 

海老原清治プロ

 

「竹箒を使った素振り」

 

毎日放送(MBS) 関西地区

その他の地域はTBS系列です。

 

「ごるふる」という番組で

紹介された時に

気付かされました。

 

それと坂田信弘プロ

紹介記事も参考にしました。

 

坂田信弘プロ

次のように紹介されています。

 

まず竹箒は・・・・

 

全身を使わないと

勢い良く振れません!

 

 

振り方は

 

①始めは地面と水平に振る

 

②そのためには

両足を広くしないと振れません

 

③振り慣れて来るに従って、

その軌道を

 ゴルフスイングに近づける

 

④すると上体が起きた姿勢での

スイングになります

 

⑤さればダウンスイングで

右肩が下がったり、

 身体の横回転がギクシャクせずに、

スムーズに回転できる

 スイングになります。

 

最後に竹箒を勢い良く

ビユーンと振ります。

 

そして振った勢いで、

戻します。

 

戻した時、トップで

「間」を作って

そこからビューンと

振りそして連続

竹箒振りをします。

 

すると、

下半身を使わないと重い

竹箒が振れないのがわかってきます。

 

ここにゴルフスイングのエキスが

あったんですよね。

 

今はゴルフショップで

これに似た

商品が販売されていますので

竹箒よりいいかも

知れませんが・・・?

 

 

PR広告