アドレスの時!右肘をお腹の方へ寄せる!

GOLF面白雑学座学のページ

「アドレス時に右ひじが、左ひじより上にくる!」

 

アドレスの構えを忘れている方、多いと思いませんか・・・・?

 

左手がグリップエンドを持ち、右手が左手の先をグリップ

するから、自然と右ひじが、左ひじより上にくる

アドレスになりますよね・・・。

 

このままアドレスすると、

右肩が上がり、左肩が下がってしまいますよね。

 

すると! どうなると思います・・・・?

バックスイングが上手くとれず、

左肩が充分まわったトップが作れませんよね。

 

そこで! 何度打っても、スライスや引掛けが

出るのですよね・・・。

 

これを解消するには

 

「アドレスの時、右ひじをおなかに少しつける

アドレスをしましょう・・・・!」

 

簡単ですよね!

 

ところが、ティグランドに立つと皆さん忘れますよね。

スポンサーリンク

「忘れないために! 方向が決まったら!」

 

 

両ひじの位置は飛球線の方向に対して、

左が高くてもダメ! 右が高くてもダメ!

両ひじは平らになるようにする。

 

そのためには、アドレスした時に、

右ひじを少しおなかの方に引く・・・・。

すると、右ひじがチョット折れている感じになります。

 

もう一つ、重要な事があります。

 

アマチュアゴルファーが苦手な

アドレスの時、両腕の力を抜く・ゆるめてやる・

奥田靖己プロ流のゆるゆるグリップ。

すると、両肩の力が抜けて、両腕が平らになる。

わかっているのに、出来ない私・・・・。

 

ティグランドで忘れないために、書きました。

あなたは、どうされていますか・・・?

 

PGAで優勝した松山英樹プロは

ティグランドでドライバーを2~3回

上下にチョット動かしてからバックスイング

しているように感じます。

 

見習いたいものです!

 

松山英樹プロメジャー優勝出来ると

嬉しいですよね。

石川遼プロも奮起一発、優勝願っています。

頑張れー。

スポンサーリンク