青木 功プロページ

ダウンスイングでも「右足も左足もべた足だよ!」

「すぐに左腰が開いてしまう方」

 

必見です!

 

ダウンスイングで

「右足に体重を残してべた足」

で打ってみましょう。

 

左腰が早く開くのはスイングの過程で

必ず起こるものですが・・・・・・

バックスイングとダウンスイングで

直さない限り上手くいきません。

 

ダウンスイングで左腰が早めに開くと

インパクト時に、

ボールに対してクラブが遅れて入り、

しかも、その時、クラブフェースが

オープンになっているために

スライスしてしまうのですよね。

 

右足をべた足にすることが

「ボールが曲がらず、方向性が良くなる」

 

青木功プロの名言!

「ゴルフは所詮、ベタ足の手打ちダ!」 

 

韓国のイ・ボミプロもベタ足スイングです!

スポンサーリンク


「すぐに左腰が開いてしまう方!」

 

アドバイス!!

 

まずは、バックスイングではクラブを

左の肩で飛球線に押します、

ストレートに上げて、

左肩を充分回したトップをつくる。

 

そしてダウンスイングから

フォロースルーにかけては、

インサイドにクラブを振り抜いていきましょう。

 

よくインパクトからフォロースルーにかけて

アウトサイドインに

振り抜く人がいますが、

余りインサイドアウトに意識してこだわると

逆に左腰が早く開いてしまいますよね。

 

左腰が早く開いてしまうとスイングの

「軸」がくずれ、インパクトで

クラブフェースが開いたまま

ボールに当たりボールは

右へ右へと飛んでいきますよね。

 

体を回転させる為には「軸」が

必要ですよね。

 

左腰の開きを止め、

ダウンスイングの「軸」をしっかりと

安定させるためには・・・・!

 

ダウンスイングで、

右足に体重を残したまま、

ベタ足体重で、右・右・に体重を残したまま・・・・

(非常に重要)

クラブをインサイドに振り抜いて見る・・・・・

(非常に重要)

と言うことです。

 

クラブをインサイドに振り抜くことで、

左腰が早く開くのが止まり、

両腕の返しも良くなるます。

(フェースローテーション)

 

そして打った後で、体がスムーズに

回転していくのがわかってきます。

 

これで、まだ右にボールが出るようでしたら・・・・・・

 

「軸がぶれてる」ので、

「右足1軸」で打つ練習も必要ですよね。

 

もう一つの練習方法は練習場の

ボールカゴに右足を乗せて

「左足1軸」で打つ練習も効果あります。

 

スポンサーリンク