青木 功プロのページ

右足の内側でボールを「ベタ足」で打つ感じを覚えましょう!

「ダウンスイングで

右肩が突っ込む方、多いですよね!」

 

 

ダウンスイングからインパクトにかけて

上体が動いて、右肩が突っ込むために

ボールをカット打ちで天ぷらボールを

打っている方多く見られますよね。

 

飛ばしてやろうと思うと

無意識に力が入るプレーヤー・

私を含めて多いですよね。

 

原因は上体が突っ込んで

打ちに行っているのですよね。

 

「体重を左足に乗せて打て」

の理論を間違えて理解された

プレーヤーの方がボールを

打ちに行く傾向が高いのです。

 

私もその一員です。

 

私の間違えた原因はボールを

遠くに飛ばすために!

 

体重移動が大切!

 

ここを間違えて理解して

スイングを難しくして

迷ってしまいました。

 

ファイナルアンサー・・・・?

 

青木功プロの名言で言われている

「ゴルフは所詮ベタ足の手振り」

に行きつきます。

 

「ベタ足で右足の内側でボールを

打つ感じを覚える」

 

「右足の粘り」と表現されるのと

同じ意味ですよ。

 

が答えです。

 

右足体重のべた足でボールをヒットすれば

体重は左に行きませんよね。

 

打った後に体重が左に勝手に移動すれば

歌舞伎役者のようなきれいな

フィニッシュが出来るかも・・・・?

スポンサーリンク

「どうしても右肩が

突っ込みがちになる方」

 

ベタ足で右足のやや内側でボールを

打ちましょう。

 

右足の踵を上げてボールを打つと

どうしても体重が左に移動してしまいます。

 

「ベタ足のまま右足の内側で

ボールを打つ」と

右肩が残り、けっして右肩が突っ込む

ようにはなりにくいです。

 

どちらかと言えば、右足寄りにボールが

あって、それをヒットするような気持ちで

打ってみましょう。

 

ボールが左足寄りにあって、

それを叩きに行くから上体が突っ込み

左足に体重が乗っかかり

体の動きが止まってしまうのです。

 

ゴルフスイングは体の回転運動ですよね。

 

ダウンスイングでは、重心は若干左サイドに

乗っていくが、それを意識し過ぎると

体の回転運動が止まってしまい

クラブが上手く振り切れない

と言われています。

 

重要なことは・・・・・・!

インパクトの後は、左肘をたたむようにしながら

クラブをインサイド振り抜く事が大切です。

 

これを意識して練習すれば・・・・・

右肩が突っ込むのが少なくなりますよね。

 

ドライバーのヘッドをインパクト近くの

地面につけて、そこから左肘をたたむように

意識してフィニシュまで振り抜く

素振りが、効果があります。

スポンサーリンク