トップの雑学

GOLF面白・雑学・座学のページ

バックスイングのトップで峠の茶店で一服していますか

バックスイングのトップで

峠の茶店で一服していますか・・?

 

 

 

勘違いしないで下さいよ。

 

トップの位置でクラブが

暴れてるてるアマチュアの方

多いですとね・・?

 

クラブを力・一杯、

右手でボールを叩いている方!

 

トップでクラブが暴れまくりの方!

 

多いと思いませんか・・?

 

バックスイングはゆっくりと言われてる

アドバイスも結構ありますが

バックスイングのリズム・速さは、

別にどうでもいいんです。

 

人それぞれのリズムがありますから。

 

要は、

 

トップでどれだけ静かに

クラブヘッドを収められるかが

重要なんです。

 

バックスイングで

ここえ来たら

止める、ではなく

クラブヘッドの

重みを感じて静かに収まる

トップを

見つけることが大事なんです。

 

クラブヘッドが

バタバタしている所で

止めて一服しても

意味はないです。

 

何故だと思いますか・?

 

クラブヘッドが

動いているということは

その動きの反動で

打たされると

言うことですよ。

 

反動で打たされる

トップで一呼吸しても

トップがまちまちで

安定しないトップから

何処へ飛んで行くかわからない

ボールしか出ませんよね。

 

たまに、

グッドタイミングで

素晴らしい球が出るかも

知りませんが・・

 

続かないし殆ど

安定したボールは

出ないですよね

そうは思いませんか・・?

 

だからクラブヘッドが静かに収まる

トップを

見つけないと、

前ヘは進めません。

 

この雑学は

 

クラブヘッドが静かに収まる

トップで一呼吸すると

言う意味ですよ。

 

一呼吸しても、

反動をつけてスイングする方には

この座学は関係ありません。

 

去るものは追わずです。

 

チョット上から目線!

すいませんね。

 

ごめんやっしゃ!

PR広告



「トップで一瞬止めるような

意識で打って見ましょう!」

 

 

 

ゴルフスイングで、

トップの位置で

少し止める(一呼吸おく)

感じで振ると、

その後のダウンスイングに

ブレが少なくなくなります。

 

 

奥田 靖己プロ

 

クラブヘッドの重みを感じて

トップでは

クラブを静かに神棚に

置くような感じと

解説されています。

 

トップで

クラブヘッドが静かに神棚に

収まった状態になれば・・

 

そこから、どんなに力を入れても

OKと言われています。

 

そして、がむしゃらに振れとも

言われています。

 

とにかく

アマチュアゴルファファーの方は

クラブを振リ廻していないとも

言われました。

 

トップでクラブヘッドが

静かに収まれば

・・・振れる。

 

トップで暴れてるから

思い切り振れない。

 

トップでクラブヘッドが

バタバタ動いていたら

ボール・・何処へ行くか・・? 

わかりませんよね。

 

だから、

クラブヘッドが

静かに収まる所を

見つけないと

クラブヘッドは振れない。

 

トップで静かにヘッドが収まったら

クラブは振れる。

 

収まらんヘッドは振れない。

断言されています。

 

タイガーウッズ

トップからいきなり

ボールをヒットする

練習をされている

TV番組を見た記憶があります。

 

いかにゴルフでは

トップが大事かを理解する

必要があります。

 

トップからダウンスイングに

切り返す時に

タメが出来て

 

その感覚を覚えて

毎回同じタイミングで

切り返しが出来るようになれば

スコアも

飛躍的にアップすると思います。

 

一瞬、「間」をおくとタメの

動きが少なくなるので

飛距離は落ちると思いますが

クラブヘッドを

上手に使えるようになり

クラブに仕事をさせられます。

 

 

「トップで一瞬止めるような

意識で打て!」

 

練習場で出来ても、

本番ではなかなか

止まれないもんです。

 

どうしても、

気がはやりますから・・

 

気がはやる!

 自分を知ることも大切かも・・?

 

でも

止めているつもりでも下半身は

逆方向に動いています。

 

上半身が突っ込まなければ、

振り切れる感覚を

得ることができます。

 

振り切ることで

バランスが良くなり、

曲がりづらくなりますよ。

 

振り切るスイングをしていけば

上達の近道かもしれません。

 

手先ではなく

腰から先に動きが始まるので、

腰主導になると思います。

 

但し、

一瞬止まるのは腕であって、

体幹は動き続けています。

 

 

松山 英樹プロ

 

本人がインタビューの中で

言っていたのですが、

インパクトで最大の

HS(ヘッドスピード)

を出すためには、

トップオブスイングから

徐々に加速する必要が

あるという事です。

 

下手な人は

トップから急加速させて、

いきなりボールを叩きに

行こうとしますが、

上手い人ほど

切り替えしの初期は我慢して

少しずつ加速するのです.

 

要するに、

 

トップで一呼吸して

クラブを振ろうとしても

振り始めでは

MAXには振れません。

 

だから早く振ろうとしても

徐々にしか加速しません。

 

最大の注意点は、

一服したトップから

上半身主導で右手で

ボールを打ちに・叩きに行ったら、

全く意味がありません。

 

ボールを打つ・叩きにく人は・・・

話にならないし、

ゴルフには

おさらば・さらばで

お願いします。

 

 

 

トップで

旦止まって打つには、

正しく下半身から

スタートしないと

うまく打てません。

 

したがって

これが、できたら上級者だと

言えます。

 

頑張りましょう!

 

PR広告